画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。(里山1号地の土間)

 *土間とは。

家の中で床を張らずに 靴のまま歩くことのできる場所。土のままではなく、三和土(たたき)やタイル、レンガ、石などを敷き詰めたものなどがあります。

土間は 昔はほとんどの家にあり、作業場や炊事場など様々な用途で使用されていました。現在は、屋外と屋内の境である玄関という空間に縮小していることがほとんどです。単に靴を脱ぐスペースになっていますが、実はもっと魅力メリットがあること、ご存じですか?

「中」でありながら、りなく「屋外」い。

ちょっと不思議「土間魅力」にせまる

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。(里山1号地北側の土間)

庭に面したお部屋を土間にすることで

庭と部屋の隔たりがなくなり、庭も部屋の一部となります。

その楽しみ方は、住む人によって様々。

ガーデニングや家庭菜園がすきな方にとって土間は、「土」を家に持ち込むことを気にせず暮らせる空間です。植木鉢もフローリングより、うんと管理がしやすいのがうれしいです♪

BBQをするのにも便利ですし、おうちでいつでもオープンカフェが楽しめるのも魅力のひとつ。オープンな空間だからこそ、風や日差しなど「自然」とつながれます。

自然や屋外とつながるオープンな空間。

 【魅力1】

 

​汚れを気にしなくていい♪だから機能的!

 【魅力2】

土間は言わば「外」と同じ。床をカンタンに水洗いすることができるので汚れを気にしなくていいんです。だから、とっても機能的☆

(特に里山1号地は風通しが良いので、水洗いの後は窓を開けて自然乾燥するだけでOK)

 

例えば、雨の日。部屋が濡れてしまうことや汚れてしまうことを気にせず入れます。

土の付いたままの作物や、買い物をしたてきた水分を含んだ袋なども そのまま床に気にせず置けちゃいます。

​床の油汚れの気になるキッチンや、小さいお子様のいるお家で食べこぼしの気になるダイニングも土間ならへっちゃら。

​自転車やベビーカーなども、そのまま入れられるのも土間の使い勝手の良い所です。

 

Home Open Cafe

ロードバイクなど、趣味で魅せる収納スペースにも。

 【魅力3】

 

外に置いておくと汚れてしまうし、雨風にさらして部品などが痛んでしまうことを避けたいロードバイクや クロスバイク。

サイクリングなどを趣味にされている方には土間を利用した魅せる収納もオススメです。

MY bike

夏 涼しく 冬あたたかい。快適で土間

 【魅力4】

 

夏は触れるとひんやり冷たく感じる土間。

これは、昼間の強い日差しで急激に熱くなることを防いでくれているから。

冬は対照的に蓄熱効果を発揮してくれます。

昼間にゆっくりおひさまから吸収した熱を夜時間をかけて徐々に放出して部屋を暖めます。

それでは夏は暑くなるのではと心配ですよね。
でも 大丈夫です♪里山1号地は「びおソーラー」を搭載しているので、夏の夜も涼しく快適です。

 

靴を脱がずに気軽なコミュニケーション空間

 【魅力5】

昔の縁側のように、靴を脱がずに そのままご近所さんやお友達と気軽におしゃべりを楽しめるコミュニケーションの場にも♪

キッチンが土間にあれば、

「ちょっとお茶でもどう?」と言いながらすぐに用意できるのもすてきです。

 

魅力たっぷりの土間もある里山25号地

「古民家風なのに 最新機能家」

使い方無限大のフリースペース

 【魅力6】

おそうじもカンタンで季節や天気を問わずに快適に過ごせる屋根付き空間の土間。

今までご紹介した以外にも、レイアウトとアイディア次第で様々な用途で活用できます。

  • 日曜大工など様々な作業に

  • わんちゃんの足腰にもやさしい土間で 愛犬とたわむれる

  • ロードバイクの手入れ、楽器の演奏や読書など趣味を満喫する…など。

あなたならどうやって過ごしますか?

hobby

D.I.Y.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now